2020年07月24日 ▼浄願寺御遠忌法要実行委員会 式典部正副部長会議が開催されました。

浄願寺御遠忌法要実行委員会 式典部正副部長会議が開催されました。

2020(令和2)年7月24日(金)11:00〜

お待ち受け事業
「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を貼り付ける」事業
「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業

ご提出頂きました短冊・文集の整理作業
※まだの方はお盆(8月15日)までにご提出頂きますようよろしくお願い致します。
(浄願寺御遠忌法要実行委員会)

7月24日 一級表具技能士 宮川清剛さんに来て頂きました。

【他所(外)門徒様への呼掛け】について

「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を貼り付ける」事業
「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業

早速、野村良雄様、野村由苺(のむらゆめ 小5)ちゃんからは絵まで添えて提出頂きました。

浄願寺御遠忌法要実行委員会 式典部正副部長会議が開催されました。

2020(令和2)年7月16日(木)19:00〜

お待ち受け事業
「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を貼り付ける」事業
「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業

ご提出頂きました短冊・文集の整理作業
※まだの方はお盆(8月15日)までにご提出頂きますようよろしくお願い致します。
(浄願寺御遠忌法要実行委員会)


浄願寺御遠忌法要実行委員会(第10回)が開催されました。

2020(令和2)年6月27日(土)19:00〜

1、開 会

2、報 告(R2/3/29 第9回実行委員会以降)
4/5 門徒様への御遠忌法要「お持ち受け事業」協力要請文(短冊等5月中配付)
4/6 早崎町要誓寺訪問(手作り念珠の件について依頼)
4/25 正副委員長会議…今後の具体的な事業への取り組みについて
お待ち受け事業の実施(コロナ対応協議)、手作り念珠作製協議(500円程度)等
5/23 正副委員長会議…今後の具体的な事業への取り組みについて
お待ち受け事業の実施(協力要請 5/30発信 式典部ほか)及び回収
6/7、6/14、7/5、7/12 AMお寺開放 他所門徒様への呼掛け等(往復はがきでの意向調査6/20〆切)、御遠忌法要等の日程(イメージ案)等

3、議 事

(1)今後の事業・日程等について

①お持ち受け事業の実施について
「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を張り付ける」事業
※ご門徒様からの提出状況を見ながら、報恩講での完成に向けて調整実施
他所門徒様からの参加状況も考慮(参加者_名)
※屏風の手配
「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業
※同上
※特別な思いのメッセージの提出者の対応
お盆時に確認予定

②実行委員会内で協議等進めていく事項について
○御遠忌法要等の日程(↓参照)に基づき、諸準備の実施
お宿の手配(楽人様宿、法類法中(16組)様宿(装束等考慮))
※庭儀(堂外絵場の拡大)宿は、申し出により対応
○ポスター作成(レイアウトデザイン含む)印刷部数50枚程度
ひのすなお様の図案を活かすため、専門業者での見積結果
(A3⇒50枚)14,750円※A2は別途対応
○「五色の吹き流し」の設置について(1年前くらいから)
〇お稚児行列(先進事例を見て更に検討…募集は3〜4ヶ月前くらいから)

③ご寄進品及び懇志金について
○ご寄進品申し出…御打敷(3点)、玄関白幕、(玄関幕(紫地))
○既納懇志念の取り扱い(6/12申し出 懇志者の意向尊重)等について
○実行委員会対応について

(2)その他
○次回実行委員会の開催(予定)について…今年の報恩講の前に
コロナ対応も含め、正副委員長会議や各部会によって協議を進行

4、閉 会

▲手作り屏風に短冊 私の浄願寺(30字メッセージ文集)



2020(令和2)年5月23日(土)19:00〜


1、開 会

2、報 告(R2/4/25 実行委員会正副委員長会議以降)
5/3 お待ち受け事業の実施(配付)時期について(コロナ対応の件)
5/5 既納懇志金の取り扱いについて

3、議 事
(1)今後の具体的な事業への取組みについて
お待ち受け事業の実施について ※下画像参照
「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を貼り付ける」事業
※ご門徒様からの提出日(日曜日 AM 寺の開放)
・・・6/7、6/14、7/5、7/12 日曜学校(子ども会)開催日

「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業

例文 
お寺の前を通るときは、立ち止まって必ず手を合わせています。
子どもの頃、御堂の廊下でみんなでメンコなどをして遊びました。


※ご門徒様からの提出日(日曜日 AM 寺の開放)
・・・6/7、6/14、7/5、7/12 日曜学校(子ども会)開催日
※特別な思いのメッセージ(長文)の取り扱い

【他所(外)門徒様への呼掛け】について
お待ち受け事業(両方)への参加に向けて、事前に意向調査の実施
往復はがき(案)別紙のとおり

②実行委員会内で協議等進めていく事項について
○御遠忌法要等の日程(イメージ案)別紙のとおり
○宿の手配(依頼)・・・下寄講中法中、庭儀、楽人、法話講師等の具体的対応
○ポスター作成(デザイン等)
印刷部数 50枚程度 発送先(大通寺(A2)5枚、下寄講(A3)11枚、外門徒様(希望者)、関連店舗、町内など)

③懇志金の取り扱いについて
○既納懇志金の取り扱い(懇志者の意向尊重)について

(2)その他
○実行委員会の開催(予定)について 6月27日(土)19:00〜

4、閉 会




浄願寺御遠忌法要実行委員会 正副委員長会議が開催されました。

2020(令和2)年4月25日(土)19:00〜


1、開 会

2、報 告(R2 3/29 第9回実行委員会以降)

4/6 早崎町要誓寺訪問(手作り念珠の件について)
4/18 門徒様からの問い合わせ(町外転出のご親戚からのご懇志について)

3、議 事
(1)今後の具体的な事業への取組みについて

お待ち受け事業の実施(4/5付け文書発送)について

●「手作り屏風に短冊(ご門徒様各戸で正信偈1行記述)を貼り付ける」事業
・勤行集(正信偈)4行(7文字/行)×30ページ 計120行
・ご門徒様の各戸で短冊に1行記述をお願いします。外門徒様も同様です。
・毛筆、マジック等用具は問いません。
・短冊の用紙は5月(予定)に配付します。あらかじめ実行委員会で割振りしました1行をお書き頂き、お盆までに提出してください。
・実行委員会で屏風に貼り付け、今年の報恩講(11/20)までに完成する計画です。
・配付物……
○用紙(短冊)2枚(予備1枚含む)
○正信偈記述行の提示
○短冊用袋1枚
・依頼・回収方法
・当面は、町内門徒様へお願いする。(屏風無償提供の申し出があった場合、メモする。)
・「新型コロナウイルス」感染への配慮(スケジュール等)

●「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」事業
・各戸で原稿用紙(30字程度のものを配付)にメッセージを記入の上、提出頂き、清書及び製本は実行委員会で行います。御遠忌法要時の記念品の予定です。

例文 
お寺の前を通るときは、立ち止まって必ず手を合わせています。
子どもの頃、御堂の廊下でみんなでメンコなどをして遊びました。


・各戸におられる児童生徒様を含め、ご家族皆さんから提出頂いても結構です。(原則、お名前を記入させて頂く予定です。)
・提出時期は、今年の報恩講(11/20)までに提出してください。
・配付物……○原稿用紙(3人まで記入可)家族数分配付
・依頼・回収方法…… 

【他所(外)門徒様への呼掛け】(案)
町内門徒様へのお願い状況を踏まえて(様子を見て)、6月からとする。

②実行委員会内で協議等進めていく事項について
○畳入れ替え実施
○宿の手配(依頼)・・・組内法中、庭儀、楽団、他所招待者、講師等の具体的対応

○ポスター作成と発信先
印刷部数 50枚程度 発送先(大通寺(A2)5枚、下寄講(A3)11枚、外門徒様(希望者)、関連店舗、町内等)
デザインについて

◎門徒記念品の作製(手作り念珠)について 要誓寺住職の話 
◇作製呼掛け「仏教婦人会」「同朋会」「実行委員会」「一般呼掛け」
◇大きさ 主玉 A12mm B8&9mm
◇種類  小玉 色違い?
◇作製数 町内門徒 他所(外)門徒 来訪者
◇要誓寺住職からの指導(数回?)団体との日程調整、お願い

○お稚児行列(手づくり輪袈裟? 先進事例(参加者募集は4か月前くらい)を見て更に検討)継続
衣装の借り上げ(有志からの支援?)
行列への参加呼びかけ(内門徒)(下寄講組)(親戚うち)
○楽団の依頼(事前打診済み)

③懇志金の取り扱いについて
○既納懇志金の取り扱いについて
○町外転出のご親戚からのご懇志について

(2)その他
○下駄箱の対応について
○実行委員会の開催(予定)について

4、閉 会

浄願寺御遠忌法要実行委員会(第9回)が開催されました。

2020(令和2)年3月29日(日)19:30〜


1、開 会

2、報 告(R2/1/19 浄願寺門徒総会)
○平成31年(令和元年)御遠忌法要実行委員会からの報告 別紙のとおり
○今年入ってからのご志納金 3件(他所1件含む)
○今年度総代役員→監事就任 別紙「組織及びロードマップ(日程)」のとおり 
※下画像参照
※下寄講中への役員就任は、年度後半予定

3、協議等
【1】今後の日程等について
(1)実行委員会内で協議等進めていく事項
○畳入れ替え実施の方向性
○宿の手配(依頼)・・・組内法中、庭儀、楽団、講師等の4軒の宿確保
お稚児(東集会所) 他所招待者(テント対応)
○楽団の依頼(事前打診済み) ○提灯の作製済み
◎門徒記念品の作製(手作り念珠)の検討(早崎町要誓寺へ依頼)
◎ポスター作成と発送先 デザイン料(ひのすなお様へ3/7)
印刷部数 50枚程度 発送先
(大通寺(A2)5枚、下寄講(A3)11枚、外門徒様(希望者)、関連店舗、町内など)
○お稚児行列(手づくり輪袈裟 先進事例を見て更に検討)
(2)浄願寺門徒様(町内)へ発信して協力して頂く事項
≪お待ち受け事業の実施≫
◆「手作り屏風(門徒各戸において、正信偈1行記述)」
勤行集(正信偈)4行(7文字/行)×30ページ 計120行
各戸で1行 現門徒戸数 残りの記述は外門徒
各戸が記述する担当行の振り分けは実行委員会で決定
※完成時期・・・今年の報恩講までに完成(お盆時に提出の確認)
課題① 4枚折屏風の手配(町内門徒の皆さんに呼びかけ 6枚折も視野に?)
課題② 呼掛け時期→毎月の浄願寺通信発送時に合わせてお願い文配付願う
◆「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」・・・御遠忌法要時の記念品の予定
各戸で原稿用紙(30字程度のものを配布)にメッセージを記入頂き、清書及び製本は実行委員会で行う。(文集における名前表現→実名、イニシャル等)
各戸の児童生徒様が希望される場合は、複数の提出になっても可能
※提出時期・・今年の報恩講までに(お盆時に提出の確認)呼掛けは同上
(3)浄願寺外門徒様(他所)へ発信して協力頂く事項
○「手作り屏風(門徒各戸において、正信偈1行記述)」
○「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」※これらについての対応の有無
(4)お待ち受け事業実施に伴う町内門徒様への協力お願い文について 別紙のとおり
【2】その他

4、閉 会


浄願寺御遠忌法要実行委員会 正副委員長会議が開催されました。

2020(令和2)年3月7日(土)19:00〜


1、開 会

2、報 告(R2/1/19 浄願寺門徒総会)
平成31年(令和元年)御遠忌法要実行委員会からの報告  別紙のとおり

3、議 事
(1)今後の日程等について
①実行委員会内で協議等進めていく事項
○畳入れ替え実施の方向性
○宿の手配(依頼)・・・組内法中、庭儀、楽団、他所招待者、講師等
○楽団の依頼(事前打診は済み)
○提灯の作製依頼 作成済み(支払い済み)
○門徒記念品の作製(手作り念珠)の検討 (近くびわ町 お寺へ依頼予定)
○ポスター作成と発信先 デザイン料の支払い(20,000円)
印刷部数________枚  発送先(  )
〇お稚児行列(手づくり輪袈裟)
②浄願寺門徒様(町内)へ発信して協力頂く事項
◆お待ち受け事業の実施
〇「手作り屏風(門徒各戸において、正信偈1行記述)」
勤行集(正信偈)4行(7文字/行)×30ページ 計 120行
各戸で1行 現門徒戸数 93戸 残り27戸の記述は_____________
各戸が記述する担当行の振り分けは_____________
〇「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」
原稿用紙(30字程度のものを配布)
※いずれも____月____日ごろに実行委員会から門徒皆様にお願い文を発送する。
③浄願寺外門徒様(他所)へ発信して協力頂く事項
〇「手作り屏風(門徒各戸において、正信偈1行記述)」
〇「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」
※これらについての対応?
(2)その他
○懇志金の受入れ
○令和2年度門徒総代からの役員加入(監事として)
○下寄組との調整等
○実行委員会の開催(予定)について    
 月 日 ( )  頃→3月29日(日)19時半〜

4、閉 会

2019年11月4日 式典部会(10 / 19)から提案

◎お待ち受け事業の取組
(1)「手作り屏風」の製作
・門徒各戸に、正信偈1行7文字を割り当て、記述してもらい、4枚屏風に貼る。
・毛筆、マジック等用具は問わない。



(2)『私の浄願寺』文集
・門徒各戸より30宇程度のメッセージを集め、冊子にして配布する。

・お寺の前を通るときは、立ち止まって必ず手を合わせています。
・子どもの頃、御堂の廊下でみんなでメンコなどをして遊びました。

浄願寺御遠忌法要実行委員会 正副委員長会議が開催されました。

2019(令和元)年12月22日(日)19:00〜


1、開 会
2、報 告(R元/11/4 第8回実行委員会以後)
  11/23(土)下寄講役員会開催・・・
8/2開催の下寄講役員との協議のとおり決定
3、議 事
  (1)門徒総会開催時における事業報告等について
    別紙(案)のとおり
(2)その他
4、閉 会

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会(第8回)が開催されました。

11月4日、「浄願寺御遠忌法要のスローガン」が決定しました。

子や孫へ 笑顔で伝える お念仏

1 開 会

2 報 告(R元/6/1 第7回実行委員会以後)

6/24(月)渉外部協議・・・トイレドアの修繕、本堂畳入替え、その他(スロープ設置等) 発注→盆まで
8/1(木)総務部協議・・・8/12〜9/23 御遠忌法要スローガンの募集(応募箱設置)
8/2(金)下寄講役員協議・・・西照寺(八木浜)、安勝寺(大依)を迎え、日程調整等


御遠忌法要では、下寄組、浄願寺ともに楽人・稚児行列あり
御遠忌法要では、下寄組においてもポスター等協力あり

8/19(月)トイレ扉完成・・・浄願寺総代長報告等(門徒から畳敷きについての話聞く)
9/23(月)正副委員長会議・・今後の日程等について(畳・お待ち受け事業等)
9/29(日)浄願寺臨時門徒総会・・・「新たに80万円を負担することの可否について」
本堂畳・トイレドアの修理にかかる80万円?の負担の件については、「新たな負担を求めない」ことが承認。
理由→外部からの懇志金により当初予定分を満たしていることから
※ご負担頂ける方には、個人の志納金として実行委員会にお寄せ頂ければ幸いです。10/7付けで臨時総会の結果報告あり。
10/19(土)式典部協議・・・お待ち受け事業の計画、スケジュール等について
10/23(水)総務部協議・・・実行委員会正副委員長、総務担当委員によるスローガンの絞り込み(5点) 及び 法中宿等について

3 協議等
【1】今後の事業・日程等について
(1)畳入れ替えについて(次期総会で確認の上、執行予定)

(2)お待ち受け事業について(総務部)
○浄願寺御遠忌法要スローガンについて
○法中宿等について
○ポスター作製について(スローガン掲載)

(3)お待ち受け事業について(式典部)
○「手作り屏風(門徒各戸において、例えば正信偈1行記述)」
○「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」
○お稚児行列(手づくり輪袈裟)ほか

(4)その他
11/23(土)下寄講役員会開催・・・日程等最終確認予定

【2】その他
情報提供→宮司町黒田山満立寺 750回忌(親鸞聖人)、500回忌(蓮如上人)11/17pm

4 閉 会

2019年11月4日 御遠忌法要実行委員会 総務担当部資料

1・浄願寺御遠忌法要スローガンについて
1-1 スローガンの応募結果等
前回の全体実行委員会で決まりました、浄願寺御遠忌法要のスローガンの募集について、2019年8月12日から9月23日の応募期間中、外門徒さまを含め28点のご応募をいただきました。10月23日に実行委員長、各担当の部長、総務担当委員の8人で検討し28点の中から5点を選ばせていただきました。(選ばさせていただいたスローガンは裏面に記載しています)

1-2 5点選出の経緯
実行委員長以下8名が各自で5点を選出した結果、4人が選んだもの1点、3人が選んだもの7点となり、その7点の中から再度8人が各自で4点を選び、計5点を選ばさせていただいた運びとなっております。各作品を組み合わせたらとうかと言う意見もありましたが、ご応募いただいた方の心情を考慮させていただき、組み合わせはしない事とさせていただきました。

1-3 全体の実行委員会浄願寺御遠忌法要スローガン決定について
本日の全体実行委員会において検討の上、1点を決めさせていただきたいと考えます。決定したスローガンは浄願寺通信等で門徒さまへお知らせしていただき、あわせてご応募いただいた方の了承をいただいた場合にはお名前も披露させていただく予定です。また、今後作成予定である御遠忌法要ポスター等にスローガンを載せていきたいと考えます。

1-4 スローガンの選出方法についてのご意見
 
1-5 選出方法

1-6 決定したスローガン


2・法中宿について
お願いする日時は不明ですが、東入口から浄願寺付近までのお宅に5軒にお願いする運びになることと思われます。詳細が決まりましたら、実行委員長、総務担当でお願いにお伺いさせていただきます。

(裏面)

実行委員長、各担当の部長、総務担当委員の8人で選ばさせていただいた5点

1、つないでいこう 次の世代へ お念仏
4、子や孫へ 笑顔で伝える お念仏
8、子や孫も ご縁いただき お参りやす
14、むかえよう 命いっぱい そのねがい
27、参ろうよ みんなみんな よきご縁に

2019年11月4日 式典部会(10 / 19)から提案

◎お待ち受け事業の取組
(1)「手作り屏風」の製作
・門徒各戸に、正信偈1行7文字を割り当て、記述してもらい、4枚屏風に貼る。
・毛筆、マジック等用具は問わない。


(2)『私の浄願寺』文集
・門徒各戸より30宇程度のメッセージを集め、冊子にして配布する。

・お寺の前を通るときは、立ち止まって必ず手を合わせています。
・子どもの頃、御堂の廊下でみんなでメンコなどをして遊びました。

(3)お稚児行列用の手作り輪袈裟を製作

(4)パネル展
当日までの実行委員会等の取組の記録を写真などで展示する。
※(1)、(2)については、来年1月の門徒総会で概要を知らせる予定

浄願寺御遠忌法要実行委員会総務部会 正副委員長会議が開催されました。

2019(令和元)年10月23日(水)19:00〜


この度、浄願寺 宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌法要のお待ち受け事業の一つとして、「御遠忌法要のスローガン」を募集させていただきました。10月23日、多数の中から次の5点が選ばれました。

つないでいこう 次の世代へ お念仏
子や孫へ 笑顔で伝える お念仏
子や孫も ご縁いただき お参りやす
むかえよう 命いっぱい そのねがい
参ろうよ みんなみんな よきご縁に

11月4日、実行委員会で(第8回)最後1点に決定されます。

浄願寺御遠忌法要実行委員会式典部会が開催されました。

2019(令和元)年10月19日(土)19:00〜   


1、開 会
2、協 議
◎お待ち受け事業の検討について
・取り組みの時期、期間
・具体的な段取、準備、進め方等
○「手作り屏風(門徒各戸において、例えば正信偈1行記述)」
○「私の浄願寺(30字メッセージ文集)」
○パネル展
○お稚児行列(手作り輪袈裟)

浄願寺御遠忌法要実行委員会 正副委員長会議が開催されました。

2019(令和元)年9月23日(月)19:00〜


1 開 会

2 報 告(R元/6/1 第7回実行委員会以後)

6/24(月)渉外部協議・・・トイレドアの修繕、本堂畳入替え、その他(スローブ設置等) 発注→盆まで

8/1(木)総務部協議・・・8/12〜9/23 御遠忌法要スローガンの募集(応募箱設置)

8/2(金)下寄講役員協議・・・西照寺(八木浜)、安勝寺(大依)を迎え、日程調整等


御遠忌法要では、下寄組、浄願寺ともに楽人・稚児行列あり
御遠忌法要では、下寄組においてもポスター等協力あり

8/19(月)トイレ扉完成

3 議 事

(1)今後の日程等について(門徒さんの声を大切にして次期総会で確認の上、執行予定)
○畳入れ替えについて
○お待ち受け事業について
 スローガンの決定 今後の発信?
 ポスター作製(スローガンも掲載)
 お宿の手配
○お待ち受け事業の検討
「手作り屏風(門徒各戸において、例えば正信偈1行記述)」
「私の浄願寺(30字メッセージ)」
「パネル展」
 お稚児行列(手づくり輪袈裟)の検討
○楽団の依頼(事前打診は済み)
○提灯の作製依頼(見本の持参時期11/18〜)
○門徒記念品の作製(手づくり念珠)の検討・・・婦人会と協議

(2)その他

4 閉 会

浄願寺御遠忌法要実行委員会渉外部会が開催されました。

2019(令和元)年6月24日(月)19:00〜


1 トイレドアの修繕
  ①発注時期(計画は今年度)
   □消費税を意識して発注
   □今年度中発注
   □計画の発注時期を見直し御遠忌法要の時期を意識して発注    
      (法要に新調したほうが見栄えがよいのでは)

  ②発注先 
   □見積業者に発注
   □その他

2 本堂等(書院含む)畳入れ替え 注:会計に支払可能な時期要確認
  ①発注時期(計画は今年度)
   □消費税を意識して発注
   □今年度中発注
   □計画の発注時期を見直し御遠忌法要の時期を意識して発注

  ②発注先
   □市内及び近隣市町の畳店に見積依頼を行い最低価格提示者に仕様を最終確認
     (聞き取り)後 <渉外部OR実行委員会>に諮り決定発注

      (どの範囲まで依頼するのか?)

  ③発注方法(見積合わせ)_見積仕様書(案)
   □仕様書(案)たたき台は別紙

3 その他
  ①スロープの長さ等の確認 
     見積は7㍍(スロープの傾斜をゆるくするとしての長さ)
     経費面から5㍍としているが、問題は?
   

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会が開催されました。(第7回)

2019(令和元)年6月1日(土)18:00〜

1 開 会

2 報 告(H31/1/20 浄願寺門徒総会)別紙のとおり

3 協議等
【1】今後の日程等について
(1)これまでの経緯等
   ①別紙「組織及び当面のロードマップ(日程)」のとおり 今年度役員は、監事就任
   ②別紙「御遠忌法要 予算(概算)」のとおり…平成30年度までの決算額
   ③懸案事業である「本堂(書院含む)畳入替え」及び「トイレドアの修繕」については、現行の御遠忌法要予算の中で考慮し実施する。

(2)今年度において事業実施(発注)する案件
 (「御遠忌法要 予算(概算)」支出の部の中で、下寄講との日程調整に関係する部分を除き、本浄願寺に係る事業を中心に行うもの)
 ①宿の手配検討(依頼)…組内法中、庭儀、楽人、他所招待者、講師等
  (おねりコースも併せて検討。日程が不確定ではあるが、早目の検討が必要)

 ②本堂(書院含む)畳入替え
   本堂(18、27、10.5畳)、役員室(8畳)、書院(8、6畳 紋入り)
   ※ 当初に見積りを徴している業者や地元業者には声掛けをし、予定価格を示したうえでの入札,執行を配慮して下さい。

 ③「トイレドアの修繕」

 ④お待ち受け事業の検討 その1
   「手作り屏風(門徒各戸において、例えば正信偈1行記述)    
   「私の浄願寺(30字メッセージ)]
   「パネル展」

 ⑤お待ち受け事業の検討 その2
   「ポスター作製]
   「スローガン作成」
    例 長浜教区…『いただこう あわせる 掌のぬくもりを』   
       吟松寺(布勢)…『手を合わし みんなでむかえる 御遠忌法要』

 ⑥お稚児行列(手づくり輪袈裟)の検討 

 ⑦提灯の作製依頼(鳥居商店(宇賀野)へ打診済)

 ⑧門徒記念品の作製(手づくり念珠)の検討…婦人会と協議

(3)下寄講との日程調整後に検討及び実施する事業(次年度以降の事業の検討含む)
※次の項目以外に、下寄講役員との日程調整に伴い、更なる検討事項が発生することも考えられるため、同下寄講役員との協議後に改めて実行委員会を開催し、下記項目も含め協議することとします。(今年中の予定)

 ①楽人(「笙和会」代表鈴木政造氏 6人)への依頼(事前打診は済み)

 ②お宿等との連絡調整、他所(外)門徒様等への呼びかけ検討 ほか

 ③スロープ設置・会場設営(レンタル備品等)の検討 ほか

 ④式典等(荘厳関連品及び借用品含む)の検討 ほか

【2】その他
  (1)特別懇志金への呼びかけについて

  (2)他所(外)門徒様への法要ご懇志金案内(再依頼)について
    法要に向けたご案内連絡等、間接的な連絡の中で呼びかけたいと考えています。

  (3)その他

4 閉 会


※浄願寺七百五十回御遠忌法要にあたり、松宮宗顕様より中尊の前卓の「建水板」が寄進されました。誠にありがとうございました。

浄願寺御遠忌法要実行委員会 正副委員長会議が開催されました。

2019(令和元)年5月9日(木)19:00〜


1 開 会

2 報 告(H31/1/20 浄願寺門徒総会)

別紙のとおり

3 議 事                \

(1)今後の日程等について(全体予算の検討も含む)

○ 畳入れ替え(カーペット?)
発注業者の検討

○ トイレドア修繕

○ 宿の手配(依頼)・・・組内法中、庭儀式、楽団、他所招待者、講師等(おねりコースも)

○ 楽団の依頼(事前打診は済み)

○ 提灯の作製依頼

○ 門徒記念品の作製(手作り念珠)の検討

○ お稚児行列(手作り輪袈裟)の検討

○ お待ち受け期間の事業
各部会での検討

○ 自治会から借用
テント2張り 、 椅子 、

○ その他準備物
下駄箱 

(2)その他

○ 31年度門徒総代からの役員加入(監事として)

○ 下寄組との日程調整

○ 実行委員会終了後の懇親会について

4 閉 会

浄願寺御遠忌法要実行委員会式典部会が開催されました。

2018(平成30)年10月20日(土)19:30〜


1、開会
2、協議
◎お待ち受け期間の事業について
△前提とすること
・みんなが参加できる 参加型の事業
・御遠忌までに終了する事業
・経費は最小限にとどめる
【1案】文集… テーマを設けて、各門徒が書いたものをまとめる。

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会が開催されました。(第6回)

2018(平成30)年10月7日(日)19:30〜

1 開 会

2 報 告(H30/1/21 浄願寺門徒総会)別紙のとおり

3 協議等
【1】今後の事業・日程等について

(1)外門徒(他所門徒)様への法要ご懇志案内(再依頼)について
平成29年ご懇志状況(40,3%)ご懇志門徒数 29戸(他所門徒総数 72戸)
※ 門徒総代から平成30年分に係る経常費等の納入依頼(11月?)
⇒ ●再度文書作成のうえ、納入依頼(経常費等と合わせて同封)

(2)これまでの門徒総代の協議の中で先送り扱いとされていた事業(浄願寺での下寄組報恩講開催に合わせて、本堂畳・トイレドアの修繕の件)の実施について(H27年各門徒様お知らせ 別紙参照)
⇒ ●ロードマップでは浄願寺御遠忌法要直前となっているが、御遠忌開催に向けた機運の醸成等から前倒し(時期…)とする。
①トイレ前ドア修繕(70千円)  
②畳入れ替え(60畳×12千円=720千円)
③実施時期を踏まえての経費約80万円の徴収の件(門徒総代サイドで検討頂く)

(3)今後の日程等について
○「ワークショップ」活動助成金の不採択に伴うお待ち受け期間での事業等の検討
(案)お待ち受け法要の開催、
手作り勤行集(門徒各戸において、例えば正信偈1行記述)
○浄願寺御遠忌法要まで後3年を迎えた中で検討すべき事項
・事前にお願いすべき事項(法中宿? 楽団など)

先進事例の調査を行う(ビデオ等あれば)

【2】その他
①監事の選出について(現時点 平成32年及び33年の総代)

②各部会からの意見等

4 閉 会

浄願寺御遠忌法要準備委員会役員会が開催されました。

2018(平成30)年9月19日(水)19:30〜
浄願寺御遠忌法要実行委員会
正副委員長会議が次のように開催されました。(抜粋)


1 開 会 

2 報 告
(平成30年1月21日 浄願寺門徒総会)別紙のとおり

3 議 事
(1)外門徒(他所門徒)様への法要ご懇志案内(再依頼)について
平成29年ご懇志状況(39.7%)

(2)これまでの門徒総代の協議の中で先延ばし扱いとされて来た事業の実施について
①トイレ前ドア修繕
②畳入れ替え
③実地時期を踏まえての経費の徴収の件

(3)今後の日程等について
○「ワークショップ」活動助成金の不採択に伴うお待ち受け期間での事業等の検討
○浄願寺御遠忌法要まで後3年を迎えた中で検討すべき事項
・「特別ご懇志」の扱いの件
・事前にお願いすべき事項(宿?、手作り品など)
       
(4)その他
○次回開催(実行委員会) 平成30年10月7日(日)午後7時30分

4 閉 会

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会が開催されました。(第5回)

2017(平成29)年12月5日(木)19:30〜
浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会(第5回)が開催され、組織及び当面のロードマップ(日程)の確認(下参照)、会計報告(11月23日現在)、長浜教区御遠忌お待ち受け助成事業「ごえんき ごきげん ワークショップ」について協議されました。

↑組織及び当面のロードマップ(日程)※クリックすると大きくなります

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会が開催されました。(第4回)

2017(平成29)年8月3日(木)19:30〜
浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会(第4回)が開催され、以下のことが決定されました。

【趣意書】
 このたび、長浜教区内の下寄組(※十二ケ寺)寺族ならびに、知足山浄願寺門徒が心を一つにして『宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要』をお勤めすることとなりました。
 宗祖親鸞聖人は、1262年(弘長2年)11月28日、その生涯を仏道に捧げ尽くし、90年の生涯を閉じられました。
 それから750年が経過し、我が国では少子高齢化が進行し、社会全体には様々な格差が生じ、生活そのものにも歪みが出来、家族のつながりが弱くなり老後における不安や、大震災発生と原子力問題、更には国際テロ等で不安定な世界情勢が続き、国内外ともに深刻な出来事が日々繰り返されることが多くなっています。
 このような時代情況であるからこそ、私たち一人ひとりが自身のかけがえのない「今」を取り戻し、連綿と私まで流れてき「いのち」の尊さに目覚め、本当に「人として生きる」という、私の思いを越えたいのち「無量寿」からの真実なる要求に応える生き方を、あらゆる人々と共に成就させていくことが願われているのではないでしょうか。
 私たちは、「今、いのちがあなたを生きている」というテーマを問いとして、「人として生きる」という人間の根本問題を担って歩まれた宗祖親鸞聖人の願生浄土の仏道(教え)に世界の人々と共に出あい、その教えに集う新しい人間の交わりを生み出していくことを、宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要をお迎えする願いとして歩んで参ります。
 この法要を機縁として、親鸞聖人の教えを伝える教化の拠点としての役割を果たすために、法要及び関連する整備事業等を行います。皆さまのご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。合掌

※ 親鸞聖人のみ教えが、湖北地方に伝わってきたのは、本願寺第三世覚如上人の南北朝時代の後期に始まると推定されています。しかし、本格的な発展は、第八世蓮如上人・実如上人・証如上人などの戦国時代後期になります。この時代、湖北では、長沢御坊福田寺を初めとする湖北十ケ寺連合が中心となって、農村の惣や郷をまとめあげて、本願寺に帰依するとともに織田信長などと戦いました。(一向一揆)
 この十ケ寺連合と同時代に組織されていたのが、『下寄組』(「下寄衆」)十二ケ寺です。

【ご懇志のお願い】
●御遠忌ご懇志は、一ロ 5,000円(出来れば2ロ以上)でお願い致します。
●ご懇志に当たりましては、同封のゆうちょ銀行郵便局の「払込取扱票」にご懇志金額をご記入のうえ、郵便局窓口で手続きをお願い致します。

【次回へもつながる御遠忌に向けて】
 社会情勢の変化に伴い、一部においてはお寺離れが進むなど、寺院を取巻く環境は厳しいものがあります。今回の御遠忌をお迎えするに当たっては、門徒総会で相当な議論もあり、最終的には将来に向けても継続、またどの寺院であってもお迎えが出来るような内容での御遠忌とすることで一致致しました。
 特別な事業も行わず背伸びもせずに、普段の姿でお勤めを中心として、真にお迎えをしてよかったと思えるような御遠忌として、今回お勤めさせて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。

 ※ 御遠忌及びお待ち受け期間における諸事業については、詳細が固まり次第、お知らせさせて頂きます。お参りをお待ち申し上げております。

【問い合わせ先】
526-0017 長浜市相撲町654番地 知足山浄願寺 内
電話 O749-62-2101

↑各部会内での意見交換

↑外門徒(他所門徒)様への発送作業

浄願寺御遠忌法要実行委員会正副委員長会議が開催されました。

7月18日(火)19:30〜
浄願寺御遠忌法要実行委員会
正副委員長会議が次のように開催されました。

1 開 会 

2 報 告(平成29年1月22日 浄願寺門徒総会)
      別紙のとおり

3 議 事①外門徒(他所門徒)様への法要周知等について
       案内文(案)…別紙のとおり  
       発送時期…
    
      ②今後の日程等について
       ○お待ち受け期間での事業等
       ○
    
      ③その他
       ○次回開催(実行委員会)
       ○

4 閉 会

※次回開催(実行委員会)の日時は8月3日(木)19:30〜
於浄願寺本堂に決定致しました。

浄願寺七百五十回御遠忌法要実行委員会(第3回)が開催されました。

2016(平成28)年12月30日13:30〜
立柱作業の後、浄願寺七百五十回御遠忌法要高札立柱式が執り行われました。(嘆仏偈、短念仏、回向)
尚、高札には松宮孝男さん(浄願寺門徒)が揮毫をしてくださいました。ありがとうございました。

▼立柱式を詳しく見る

浄願寺御遠忌法要準備委員会(第2回)が開催されました。

2016(平成28)年7月18日 19:30〜
浄願寺御遠忌法要準備委員会(第2回)が開催されました。
1、各部会の委員さんが決定されました。(五十音順)

■実行委員長 中川勇氏
・総括

■会計 会計長 北川政嗣氏 副会計長 藤居孝英氏
・財務・出納に関すること

■総務部 部長 藤居吉次氏 副部長 田邉博氏 藤田幸弘氏 宮崎喜之氏
・各部の連絡調整に関すること
・広報・記録に関すること
・外門徒様に関すること
・他の部に所管しない事項に関すること

■渉外部 部長 藤本茂良氏 副部長 藤田與史雄氏 金澤雄一氏 北川薫氏 藤居茂博氏
・御遠忌年に向けての関連整備に関すること
・関係寺院との連絡調整に関すること

■式典部 部長 藤居伸之氏 副部長 松宮登氏 藤居久雄氏 藤居義博氏
・記念式典(法要・儀式)に関すること
・御遠忌年に向けての各年次行事(お待ち受け事業等)に関すること

2、今年の報恩講時に高札立柱が決定されました。 

浄願寺御遠忌法要準備委員会役員会が開催されました。

2016(平成28)年6月12日 19:00〜
浄願寺御遠忌法要準備委員会(第2回)が開催されました。ここに以下の副実行委員長が兼任されました。(委員会名は仮称)

副実行委員長(式典部長兼任) 藤居伸之氏
副実行委員長(渉外部長兼任) 藤本茂良氏
副実行委員長(総務部長兼任) 藤居吉次氏
(順不同)

浄願寺御遠忌法要準備委員会(第1回)が開催されました。

2016(平成28)年5月1日 19:00〜   
浄願寺御遠忌法要準備委員会(第1回)が開催されました。ここに以下の方たちが選出されました。

実行委員長 中川勇氏
副実行委員長(兼任会計長) 北川政嗣氏
副実行委員長 藤居伸之氏
副実行委員長 藤本茂良氏
副実行委員長 藤居吉次氏
(順不同)


▼トップページに戻る


<<前のページ | 次のページ>>